×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガンプラの楽しみ方

FA-78-01
GUNDAM FULL ARMORED TYPE

MSN-03 JAGD DOGA MSM-04 ACGUY
RX-93 νGUNDAM ZGMF-X20A STRIKE
  FREEDOM GUNDAM
GUNDAM F91
MSZ-006-2 Z GUNDAM TYPE-2 RX-78-2 GUNDAM
RX-78 GP02A Qhysalis

FA-78-1 GUNDAM FULL ARMORED TYPE


MSN-03 ヤクト・ドーガ
 
※クリックしてご覧ください。
ヤクト・ドーガ01 ヤクト・ドーガ02 ヤクト・ドーガ03 ヤクト・ドーガ04 ヤクト・ドーガ05
ヤクト・ドーガ06 ヤクト・ドーガ07 ヤクト・ドーガ08 ヤクト・ドーガ09 ヤクト・ドーガ10
MSN-03 JAGD DOGA

HJのセイラマスオ氏の作例を見た瞬間 雷に打たれた様な衝撃を受けました。
ヤクトはそれまでそんなに好きでもない機体でしたが 「これは凄い。こんな作品が作りたい」 と、思っていた所 同じブログのT20さんに声をかけられ、 同じ作品を作る事となりました。
やはり、セイラマスオ氏の作例が 自分の製作スタイルに合っており この作品も基本的に筋彫り、プラ板によるデテUPを 行っています。

改修内容
頭部: 作例を参考に、より爬虫類っぽく、エポパテ、プラ板、筋彫りによるデテUP
胸部: 全体的に寸胴っぽく感じたので首で0.5mm、胴体で1.5mmほど延長、脇の下は放熱板を追加、その他はプラ板、筋彫りにてデテUP
肩部: エポパテで、デテール追加、その他は筋彫りによるデテUP
腕部: プラ板、筋彫りによるデテUP
腰部: プラ板、筋彫りによるデテUP、サイドスラスターはコトブキヤのデテUPパーツでデテール追加。
脚部: 全体のスタイルを調整するため、脹ら脛部分で1.0mmの延長。プラ板、筋彫りによるデテUP
足部: プラ板、筋彫りによるデテUP

以上、簡単に説明をしました、詳しくはblogを参照ください。

天然徒然日記

 


Copyright©ガンプラの楽しみ方:TENROUSEI All Right Reserved.